とにかく気楽に暮らしたい。

夫と4歳の息子と暮らすワーキングマザーの、がんばらなくてもスッキリな暮らしへ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

コンプレックスを子どもで克服する親  

IMG_6490_20131215205855801.jpg

どんな子どもに育って欲しい?

私   「元気でスポーツが好きな子」
ダンナ 「夢を追いかける子」

ぱっと見はよくあるというか、普通の理想像ですよね。
でも実はそこに、ある理由がひそんでいます。


私の「元気でスポーツが好きな子」の理由
 私はスポーツが好きではなく体力もなくって、
 仕事に就いてからはハードな仕事だったため、
 体力的に限界を何度も感じた経験から、
 子どもはそうなってほしくないと思っているから。

ダンナの「夢を追いかける子」の理由
 自分自信が夢を諦めたことがあるから。


自分の経験や挫折、コンプレックスから、
子どもにはそうなって欲しくないと子どもに理想を抱くことに、
コンプレックスを子どもで克服しようとしてるのかな?と気づいて、
あー、気をつけなあかんな。と、自分に言い聞かせてます。


IMG_6495.jpg

一番いいのは、子どもの適性を見ながら、
子どもが自分の特長を活かして成長していきやすいような、
環境づくりをしていくことですよね!
でも、なかなかそうはならなくて…。

人一倍ちょろちょろ動き回るのが好きな子どもを見て、
サッカーが向いてるかも?と、
近所のサッカークラブの情報を熱心に見てみてしまったり。
子どもの意向も聞かずに、ついつい私の基準で、
子どもの環境づくりを進めてしまいそうになります^^;

親の思う環境の中で、目が出て花を咲かせる子どももいると思います。
でも、そうでない子もたくさんいると思います。

子どもにああしてやりたい、こうしてやりたいと思う度、
親(私)のコンプレックスと向き合っている気がします。


なんか考えすぎちゃう?と思われそうですが、
私はついつい、「こうした方がいいよ!」と
押し付けたくなる、はた迷惑なタイプなので、笑
特に子どもに対しては強く出てしまいそうで怖いのです^^;

それに、子どもが100%親の思うように成長するよりも、
子ども自身が考える力を養い、子どもなりに考え、
自分の道を自分で作っていけるようになること方が、
理想やな〜とも思ってます。


押し付けないように、
子どもが健やかに育つように、
子どもと向き合っていきたいな~と思うのでした。


なんだかまとまりのない記事ですみません^^;
子育てって考えさせられたり、気づかされることが
ほんとに多いものですね~

にほんブログ村のランキングに参加しています*^^*
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村


悩み・気付きの関連記事

category: 悩み・気付き

tb: 0   cm: 6

コメント

気持ち 凄く分かります!! 私は勉強が大嫌いだったから

あまり塾とか無理矢理行かせたくないな~って思っていました(T_T)

イヤイヤながら習うのでは覚えないし意味がないと思うから…

ただ勉強もスポーツにしても 上手くできないから よく分から

ないから嫌いだったけど 出来るようになったら嬉しいし自信に

も つながる


だから そういう楽しみながら本人が学べる環境を親が作ってあ

げるのも大事なんじゃない?って旦那に言われて なるほど~っ

て思いました

だから うちの家のルールとしては嫌がるのを押し付けてまで

やらせるのはNG…でも 小さいうちは何にハマって何が上達す

るかなんて 分からないからいろいろ体験させてみよう

別に東大に入ってほしいワケでもないしプロのスポーツ選手に

なってほしいとは思わないけど本人が楽しんで やってくれるよ

うにしようって事を大事にしたいな~と思ってます♪

URL | ひと #-
2013/12/16 08:13 | edit

このテーマは難しいですよね。
こんな風に育って欲しいと願うのは、自身に置き換えている部分もありますが、純粋に人としてこうあってほしいという視点もありますし。
子供が自分でいろんなことを考え、自分で道を決めていくようになるまでは、ある程度親のほうで色んな可能性を見せてあげることも必要だと思いますし。かといってそれが押し付けになってはいけないような。

でも、子供たちは基本的に一番身近な大人である親を見て育ちますね。
子供たちが発した言葉や行動に、時々自分をみているような気がするときが多く、ハッとさせられます。
大人と過ごす中で、色んな影響を受け、吸収して、その先に子供たち本人の考え方が生まれてくるのかなぁと思うこともあります。

我が家には男と女2人の子供がいますが、生まれる前に夫婦で名前を考えたとき、どちらも子供の名前にこめる思いは一つだけ「明るく元気に育って欲しい」だけでした(笑)
今もその気持ちは同じです。とはいえ、毎日反抗する息子にキーキー言いながら「親の理想」を求めてしまっているのかも(笑

URL | くみくみ #eXGbEeWQ
2013/12/16 09:39 | edit

質問です。

フキン、食器フキン、雑巾などって処理が面倒なうえ
すぐに臭ったりしますよね……

どのように処理されていますか?
また所持枚数や、洗う(漂白や煮洗い?)頻度を教えてください

こんな質問ですみません…
日々悩んでいるので、ご意見を聞かせていただきたいです

URL | toto #-
2013/12/19 14:50 | edit

ひとさんへ

こんにちは!いつもいつもお返事が遅くなってしまってて、すみません!!
そうですよね、本人が嫌がってるのに、
「絶対ためになるから!!」と執拗に強制するのも、
なんか違う気がするんですよね~。

子育てってなんでもすごくバランスが大事な気がしてるんですが、
自分のコンプレックスに関わることだと、
親(私)に強い思いがありすぎて、
バランスを欠いてしまいそうな気がするんです^^;

本人が楽しんでやってくれるのが大事って、
ほんとにその通りだと思うので、
やっぱり肝に銘じておかないといけないな~と思うのでした*^^*

URL | tanoo #-
2013/12/21 03:10 | edit

くみくみさんへ

いつもコメントありがとうございます!
毎度毎度、お返事が遅くなっててすみません!!

難しいですよね~、くみくみさんのおっしゃるように、
「人としてあってほしい」と思うこと、
例えば、きちんと挨拶ができるとか、本(絵本)を読む習慣が身につく
とかは、たぶん多くの親が、こどもになってほしいと思ってるんじゃないか、
と思ってるんですが、それも度を超さないのが大事だったりするのでしょうか。
なんか、考えすぎかもしれませんが^^;

生まれた時は「ただ元気で育ってくれたら」と思っていましたが、
どんどん理想(というか要望)がふくらんで、
あれこれ小言を言ってしまう自分がいます。笑

その前に、ちゃんと私自身が実践してみせる姿勢が大事ですよね♪

URL | tanoo #-
2013/12/21 03:18 | edit

totoさんへ

コメントありがとうございます!
お返事が遅くなってしまって、すみません~^^;

リネン類って、すごく管理がめんどうですよね、わかります!!


私はSimple+Whiteのnahoさんのダスター使いを真似させていただいています!

http://naporitan1126.blog130.fc2.com/blog-entry-267.html
このブログを読んだ時に、なるほどー!!!と思って、
ついつい無印の1000枚入りを買ってしまったのですが、
なかなか減らないので、まずは100均とかの5枚入りとかで
お試しされるといいかと思います*^^*

雑巾はもってなくて、このダスターがボロボロになったら、
雑巾としてあちこちのよごれをぬぐって、
そのままポイしてます。

その他、使わなくなったタオルなどをカットして、
同じく雑巾として使ったら、そのままポイです。
(雑巾って、そのまま置いとくのがなんか嫌で…)

ダスターは吸収性が低いので、
食器拭きだけは乾きやすい素材のものを使って、
キッチンに掛けておいて、週に1回煮洗いしています。
週に1回って、どうなんだろう…?とも思うのですが、
食洗機を使ってるので、拭くものがほとんどないので、
まぁいいかーと思ってます♪

nahoさんの記事は、きっと参考になるかと思いますので、
ぜひ読んでみてください~♪
(もしご存知でしたらすみません)

URL | tanoo #-
2013/12/21 03:34 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://smarteasylife.blog.fc2.com/tb.php/201-95c6506c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。