FC2ブログ

とにかく気楽に暮らしたい

夫と8歳息子との3人暮らし。がんばらなくても良いシンプルライフを目指すブログ。整理収納アドバイザー[大阪北摂]

子どもが物欲をコントロールしやすい、お小遣い(報酬)システム!  


大阪北摂の整理収納アドバイザー、tanoo改め、若山です。
今日は、タイトル通り、子どものお小遣いと、金銭教育のお話!

お小遣いって、お手伝い制や定額制など、いろんな方法や意見があり、
けっこう難しいなと思っています…。

お手伝いは家族の一員として当然だからお金を渡すのはおかしい、という考えがあったり、
定額制は、働いて対価を得るというのが実感しにくい、というデメリットがあったり…。
いろんな考えがあるし、ご家庭の方針やお子様の性格や成長度合いによって、
ベストな形が変わっていく気がします。

そんな、なにかと小難しいお小遣い制。
けれど、避けては通れない、子どもの金銭教育!!!

単なる一例にはなりますが、
お小遣いシステムを工夫して試行錯誤した結果、
子どもが物欲をコントロールしやすくなってきたので、
その方法を記事にしてみたいと思います!!


◆問題点


まずは、小2の息子の問題点から…

①欲しいもの無限大
周りの友達では、おもちゃをたくさん持ってる子もいます。
自分が持っていない物はやっぱり羨ましいし、次から次へと新しいおもちゃが欲しい!
おもちゃ屋さんに行けば目についた物をすぐ欲しがり、
「これ欲しい!」の要求は、あまりにも刹那的で無計画…。

②無計画な購入
お小遣い導入前に、小額を渡して様子を見たりしてきました。
けれど、持ってるお金をすぐ使い切ってしまって、
コントロールできそうな気配が全くない…!汗


このような状態なので、現金でポンッとお小遣いを渡したとしても、
なかなか上手くいく気がしないのが現状です。汗



◆我が家のお小遣いポイントシステム


お手伝いをすると、ポイントが溜まるシステムです。

ポイントが付くお手伝いは、
家族の一員として当然のお手伝いにはポイントは入らず、
小学生2年生にしては頑張ったと親が判断したものに限っています。

[ポイントが付くお手伝いの例]
-家族の分まで洗濯物を畳む
-食洗機の食器を片付ける
-ゴミ捨て場まで何往復もする
-豆腐を切って盛り付ける


1ポイントあたり10円の現金をもらうか、
1ポインあたりト100円相当の欲しい物を買ってもらえます。

現金をたくさん渡すのはトラブルの元なので、渋い換金率に…。
親と一緒じゃないと買い物はできないけれど、その分、高い物が買えるので、
ポイントでおもちゃを買ってもらうのを、息子は選んでいます^^

kakouIMG_0391.jpg
欲しいものがあると、積極的に頑張っています!



◆お手伝いポイント制のメリット


-ポイントを溜めるのに時間がかかるので、無計画なおもちゃの購入が減る
-頑張って手に入れることで、おもちゃを大事にする
-頑張れば手に入れられる!という目標が持ちやすい
-労働は価値があると実感しやすい


小学校低学年、無計画で欲しい物がいっぱいの息子ですが、
大好きなポケモンのカードや人形を買うために、
目標を持って、お手伝いに取り組んでおります^^

kakouIMG_0390.jpg
お手伝いのポイントカレンダーは、リビングの中心に貼ってます!


「おもちゃが欲しければ、頑張って手に入れなさい」というシステムなので、
時間をかけて自分で努力することで、物欲をコントロールしやすくなり、
おもちゃを買って買って~と言われることもなくなりました^^

小学校低学年の今は、これでうまく稼働してますが、
もう少し大きくなれば、手元に現金があっても計画的に使っていけるように、
促していければと思います。


今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
お小遣い制度は、ご家庭それぞれ…。
一例として、どなたかの参考になれば嬉しく思います^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ



お悩みに合わせて、楽に暮らせるお部屋に変えていきます!

  詳しくはこちら … MENU
  お試しメニューはこちら … CONTACT

大阪・北摂の整理収納アドバイザー
HP:https://www.smarteasylife.biz/
整理収納アドバイザー






悩み・気付きの関連記事

category: 悩み・気付き

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://smarteasylife.blog.fc2.com/tb.php/375-6a0e45ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)